自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!



 もう一つは、赤信号に差し掛かったとき。

正面が赤とわかっているのなら、早くからアクセルの上の足をはなして
ブレーキペダルの上に移します。

軽く、ブレーキペダルを踏んで、ブレーキランプだけ点灯させます。
これを、2〜3回繰り返しておきます。
信号が近づいてきたら、すーっとブレーキを踏み込み、ゆっくりと止まります。

 つまり、後ろに、「止まるよ、止まるよ、もうすぐ止まるよ」と知らせるわけです。

ぎりぎりまでアクセルから足を離さずいきなりブレーキをかける、
そんな止まり方は(ときどきいるんです、そんな人)追突される危険が増えますよ。

 ============================================

 最後にもう一つ、渋滞の最後にならないこと。

高速道路などで、渋滞の最後尾になると、追突の危険が高まります。
最後尾にならないようにすることも、追突の危険から身を守るコツです。

 でもどうやって?

簡単です。
前方に渋滞を発見したら、アクセルからスゥーッと足を離し
ゆっくり減速します。そして、後ろからクルマが着いてくるのを待ちます。

後ろにクルマが着いて並んできたら、ゆっくりとブレーキを踏んで、止まります。

これで、渋滞の最後尾になることは避けられたわけです。

============================================

以上の方法で、必ず追突が防げるわけではありませんが、
漫然と運転しているよりも、遙かに危険を避けられる可能性が高まります。


今日説明したことも、結局は周りのドライバーにどうやって自分の意志を伝えるか
どうやって、コミュニケーションをとるかと言うことに行き着くわけです。

周りとのコミュニケーションをとりながら走る、
この基本を忘れなければ、アクシデントの可能性を
少しずつでも下げていくことが可能になるんですね。



運転美人になろう









自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!



 ここで、この追突されたドライバーは、もう一つブレーキのあとにウインカーを出す
というミスも重ねて犯しています。

曲がるときは、ウインカーを先に。そうしないと曲がるためのブレーキも
「意味のわからない」ものになってしまいますね。

同じように、なんのために踏んだのかわからないブレーキは踏まない。
ここも気をつけたいですね。

 ときどき、アクセルをぐーんと踏んで加速して、速くなりすぎるとちょっとブレーキを踏んで
減速して調整する。またスピードが落ちるとアクセル。ブレーキで調節。
という運転をする人がいます。

以前にも説明したとおり、スムーズでない運転は、全くエレガントでないばかりか
同乗者も不快で、安全上も問題がありますね。

速度は、スムーズなアクセルで調整します。




運転美人になろう







自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!





  街中での運転で、遭いやすいアクシデントの一つに、追突があります。

たくさんのクルマが、連なって走ることの多い街中ですから、その危険は
確かに高いですよね。

 ただ、なぜか追突には遭いやすい人と、遭わない人がいるものです。

この違いはなんでしょうか?


===============================================

 一言で言うと、ブレーキの使い方。

これに尽きます。

では、どんな使い方をすると追突をされにくいのでしょう?


ここから、一つ一つ解説して行きます。

=========================================

  まず一番大切なことは、意味のわからないブレーキを踏まないこと。

意味のわからないブレーキとは、後ろのクルマから見て、なぜ今ブレーキを踏んだのかが
伝わらないブレーキのこと。

 後ろのクルマは、あなたの車のさらに前の交通や道路の状況も見ながら走っているものです。
進行方向にとりあえず信号もない、カーブもない、何か障害物も見あたらない、
なのに、あなたがブレーキを踏んだ。

 後ろのクルマは、ブレーキランプが点灯すれば、「なにかあったのか?」と警戒します。
自分もブレーキを踏もうと準備するわけです。

 しかし、何もなかったら「なんだったんだろう?」と思いますよね。
そしたら、またブレーキランプがついた。でもまた何もない。
「なんだ?」と思いますよね。

こんなことが、3回も続けば、後ろのドライバーはあなたの車のブレーキランプを
全く信用しなくなります。
 つまり、ブレーキランプがついても、「またどうせ何もない」と思ってしまうのです。

 でも、4回目は、角を曲がろうとして、ブレーキを踏んだとしましょう。
今度は本当に、減速します。
ブレーキランプを信用していない後ろのドライバーは、減速にきづくのが遅れます。
 そうして、「追突」となるのです。






運転美人になろう