自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜モータースポーツ世界的快挙!

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

思いっきり、自分の趣味に走りますが、
先だっての日曜日、世界的快挙が日本人の手によってなされました。
 あの、ルマン24時間で、日本人が率いる日本のチーム、しかもプライベートのチームが優勝しました。
レースに興味がない人でも、名前ぐらいは知っているレースです。
ものすごく名誉なことで、世界中の誰もが認める功績です。

 なのに、日本では去年までは行われていた地上波の放送もなく
そのせいか、新聞を始め、スポーツニュースの枠でもほとんど触れられていません。
従ってこの快挙は、本国日本ではほとんど知られることなく時が過ぎようとしています。どういうことなんでしょうか?
 かなりマイナーなスポーツでも日本人がトップを狙える位置で戦っている、優勝した、などと言うとメディアはこぞって取り上げます。それなのに、なぜでしょう?不思議でたまりません。

 モータースポーツ、自動車レースがスポーツであることが理解できないからでしょうか?だとすれば、日本人の多くは、真剣に車の運転と向き合っていないと思います。車の運転をなめていると思います。普通に制限速度内でも、真剣に運転すればスポーツとしてかなりなレベルであることは想像できると思います。
モータースポーツを差して、「車に乗っているだけで?」
という反応をする人は、車の運転をナメているからじゃないかと
最近思っています。
 なめた運転から、いいマナー、上品な運転が生まれるわけもないですね。

<<こんにちは、運転美人って...自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ輸入版規制>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング