自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜音楽輸入版規制

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

なんだかなぁ、ということがそのまま通ってしまった。
ちょっと遅い話ではあるが、やっぱり黙ってはいられない。

私は、本業はFMラジオのディレクターだ。音楽ファンをやって来たあげくの成れの果て、という感じでこの仕事をしている。
仕事柄、著作権にも敏感なつもりだ。ネット上の違法コピーがCDの売れない原因だ、などと言うレコード会社にもあきれていたところだが、今回の輸入版規制にはあきれ果てたとしか言いようがない。いったい音楽をなんだと思っているのか...
著作権は、あなたたちの利権を守る道具ではない。
音楽はあなたたちの金儲けの道具ではない。
いい音楽を、適正な価格で、できるだけ沢山の人に届けてこそあなたたちレコード会社の利益になるのだ。
クオリティーの高い音楽を紹介すると言う本来の社会的義務を十分に果たしていない現状で語れる自分の権利はあるのだろうか?
本当によく考えてもらいたい

<<世界的快挙!自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへなんか大騒ぎですよ、琢磨君>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング