自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 走り出す前にエアバッグとシートベルト

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

 エアバッグが登場した頃、エアバッグ付きの車は
シートベルトをしなくても大丈夫と言うような話が聞かれたこともありました。
しかし、今でもそう思っている人が意外と多いようなのが気になります。

 シートベルトをしていないとエアバッグは効果を発揮できないばかりか、
けがを大きくする可能性もあります。

「えっ?まさか!」と思ったあなた、気をつけてくださいね。
なぜ、危険なのでしょう?

 まず、エアバッグは正面の衝突にしか対応していません
(最近はサイドエアバッグもありますが)なので、横から衝突された場合、
全く効果がないことになり(そもそも、開かないでしょう)、
あなたの体は、ドア、もしくは助手席の側に激しく飛ばされ、
全身を強く打つことになるのです。
サイドエアバッグがついていても自分の側のドアと反対側にぶつかられたら、
だめですね。

 そして、正面の衝突の場合でも危険なわけは、
肩ベルトが浮いていると危険な理由にちょっと似ています。

エアバッグは一定以上の速度で衝突した時(20Km/hぐらい)
シートベルトが押さえているあなたの体が
ハンドルやダッシュボードにぶつかる前に、
クッションとして働くよう開くタイミングやスピードが設定されています。

 つまり、膨らみきったエアバッグにあなたの体が
受け止められるようになっているんです。
あなたの体をエアバッグが受け止めるとすぐにエアバッグはしぼみ始めます。
ゴムまりのように跳ね返してしまわないようにです。

 これが、エアバッグの仕組みなんですが、
シートベルトをしていない場合どうなるのでしょう?

 衝突の瞬間、あなたの体は前に向かって飛び出そうとします。
シートベルトはそれを押さえようとしてくれるわけですが、
していないとぶつかった瞬間のスピードで(40Km/hなら40Km/hで)
飛び出します。

エアバッグに想定されているよりもかなり早く前に飛び出してしまうわけです。
そうすると、開いている途中のエアバッグにあなたの体は突っ込んで行くことになるわけです。

 エアバッグが開くスピードは時速200Km/hほどにもなります。
つまり、200Km/hで迫ってくるエアバッグの表面に
頭をひっぱたかれるわけです。
首などに重大な損傷を負うことになるのは想像に難くありません。

 シートに正しく腰掛け、正しくシートベルトを締める。
安全運転には大変重要なことであるのがおわかりいただけたでしょうか?


????????????????
5.シートベルトがたるんでいると
????????????????

 シートベルトが体に密着していないと、どんな不都合があるのでしょうか?
以前「シートベルトに殺される」とちょっと過激な言い方をしましたが、
実は大げさでもなんでもなく、けがを大きくしてしまい、
ひどい場合には死亡することもあるんです。

 まず、腰ベルトが緩い場合。サブマリン現象と呼ばれるものですが、
衝突した瞬間、人間の体は前に向かって飛び出します。
そのとき、ベルトが緩んでいると、シートから体が前にズルッとずれて行きます。
同時に、緩んでいたシートベルトもおなかにずり上がります。
それでも体は前に行こうとしますからおなかにシートベルトがあたり、
その下に潜り込むように体が移動します。

するとどうなるか?

 シートベルトがおなかをしごくように圧迫し、内臓破裂を起すのです。

想像できますか?ちょっと想像したくないことですね。

 肩ベルトが浮いている場合にも、問題があります。

肩が密着していれば、衝突の瞬間、ベルトがあなたの上半身をぴたっと押さえ、
シートベルトは伸びながら、ショックを和らげてくれます。
シートベルトは強い衝撃を受けると中の繊維が切れながら、
少しずつ伸びてショックを吸収してくれるようになっているんです。

 ここで、もし肩がベルトから浮いていたら、ベルトは衝突の瞬間、
あなたの体を押さえることができません。
そして、一瞬の後、猛スピードで飛び出してくるあなたの体は、
シートベルトに衝突することになります。
何か他の固いものにぶつかるよりはかなりましとはいえ、
かなりの衝撃でしょう。
肩や鎖骨を骨折することになるかもしれません。
さらには、正確にあなたの体を押さえられないシートベルトから
あなたの体はすり抜けて、ハンドルやダッシュボードに
顔をぶつけることになるかもしれません。

シートベルトは、正しく締めないとならないわけがおわかりになったでしょうか?

そんなにきちっと締めないと危ないのなら、
シートベルトしない方がいいんじゃないの?と思われたかもしれませんね?

 それでも、シートベルトはした方が遥かにあなたの命を守ってくれます。

シートベルトが無かったら、間違いなくハンドルやガラスに頭から衝突して、
さらには車外に放り出されて、頭を強く打って重傷、ひどければ即死です。

 万一ちょっとずれていて、内臓破裂がおこったとしても、
まだ元気になるチャンスがあります。
人間、頭を損傷するのが一番ヤバいですから。


 もう一つ、シートベルトをしない人に。

シートベルトは万一のためにするものです。
一種の保険です。
一万回乗るうち一回でもしなければ意味がありません。

こういうことを話すと、
「だって、今まで大丈夫だったよ」
なんて言う人がいるんです。

そんな時私は

「交通事故で死んだ人は、それまで交通事故で死んだことなんて無かったんだよ」

って答えることにしています。


<<ネットで稼ぎたいなら自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへミラーの使い方>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング