自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 走り出す前に車両感覚のつかみ方

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

  車両感覚が大事ってよく聞きますよね。

「あの人は車両感覚がいいから...」とか、
「車両感覚がいいから、狭い道でもすいすい行っちゃうし...」
なんて言いますね。


 じゃあ、車両感覚って何でしょう?

 私は、「自分の車のタイヤがどこにあり、
今、どこを通っていて、
その上のボディーはどこを通っているのか」
を把握する能力のことだと思います。


 人が、自分の体が通れるかどうかを判断する時、歩いて通れる、
つまり足を十分に置くスペースがあるかどうかをまず判断します。

その上で、それよりも広い体が通れるのかを判断しますよね。

ですから、それと同じに車もタイヤの位置を感覚的に掴んでおくと
ボディーの大きさを把握するのも簡単になります。



 では、その練習方法ですが、
もし空き地や広い駐車場、めったにクルマの来ない道路などが
家の近くにあった場合は、そこを利用してください。
もし無ければ自分のうちのガレージでもいいです。

 まず、止めた車の左右の前輪から、まっすぐ前に路面に線をひきます。
そして、棒を見つけて来てください。

左右の前輪の横、ホイールの中心からまっすぐ上に伸びるような線になるように
棒を置きます。
 上手く置けないときは、
テープなどでちょっとボディーに貼ってもいいかもしれません。

 そして、そのまま運転席に乗り、路面の線と棒を眺めてみてください。

フェンダーの向こうからニュッと出た棒、そして目の前に伸びる線。

この二つが交わるところにタイヤがあるわけです。


ここまで、とりあえずできるように考えておいてくださいね。

続きはまた今度。


<<母の日に、枯れない花を自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ車両感覚 その2>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング