自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術  走り出すときブレーキの踏み方 その2

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

では、正しいブレーキの踏み方です。

 私は、教習所とは逆に、一発で決めるように踏んだ方がいいと思います。


止まろうと言う地点(停止線など)があったら、
そこに一定の強さでブレーキを踏み続け、
その地点にちょうど止まれるように、
速度と、減速Gの大きさと、停止に必要な距離、の関係を把握する練習をするべきだと思います。


 減速Gと言うのは、ブレーキをかけたときにググッと前に体が持っていかれる力のことで、
ブレーキを踏む力の強さとも言えるのですが、

 実際には車によってブレーキの重さには違いがあって、
「減速Gの大きさ」と言うのが正しいと思います。



 実際に貴女も、
ブレーキを踏んだときにはこの「減速G」でブレーキの強さを判断しているはずです。
他人の車やレンタカーなどに乗った時、
「この車は、ブレーキが軽い」とか「ブレーキが重い」とか感じた経験がありますよね。
それは、いつも踏んでいる力で期待した減速Gとの差で、そう感じるわけです。

ですから、減速Gに注意して練習しておけば車が変わったときにも戸惑わずに済むわけです。



その3から、練習の仕方をお話しします。

<<ブレーキの踏み方 その1自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへブレーキの踏み方 その3>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング