自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術  走り出すときブレーキの踏み方 その3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

では、実際に練習してみましょう。

ブレーキも普段の運転の中で練習できますね。
赤信号で止まるたびに意識してみて下さい。

 前に赤信号が見えました。

ブレーキをかけ始めてからできるだけ一定の踏力、一定の減速Gで停止線まで行き、
ピタッと止まれるかに挑戦して下さい。


何度もやっているうちにだんだんとわかってくると思います。

最初は、弱すぎて止まり切れず、ブレーキを踏み足すことになったり、
強すぎて最後にブレーキを緩めることになるとおもいますが、
何回かやると「ああ、さっきよりは強くて、今よりは弱いんだな」
と言う感じでつかめてくると思います。


その4では、さらに上手なブレーキの練習をします。

<<ブレーキの踏み方 その2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへブレーキの踏み方 その4>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング