自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術  走り出すときエレガントなハンドル操作 その3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

実際の路上でハンドルを切る時、切り始めはそおっと、
車が曲がり始めたら、必要なところまでスッと一定のスピードで切り必要な量だけ切ったら、
そこでグッとハンドルを押さえて切り角は一定のまま保持します。

 このときのハンドルの押さえ方ですが、コーナーの外側の手、
つまり左に曲がっていたら右手で1時ぐらいの位置を
グッと手のひらの小指側で前にぐっと押して押さえます。

決してハンドルは握らないように。

手のひらの小指側でハンドルを前に押すことだけでハンドルを保持して、
後の指は軽く絡ませるだけ、と言った感じです。

 このハンドルの持ち方は、手でハンドルを押すことで上半身も安定し、
速いスピードのコーナリングでもよけいな力がかからないので疲れが少ない方法です。
ぜひマスターして下さい。

 そして、どんなときでもハンドルを切るときに感じていてほしいことは、
ハンドルの先で地面を捕らえているタイヤのことです。

タイヤの、アスファルトに触れている面がググッとよじれている感じを
ハンドルの手応えから感じ取ってほしいのです。

「そんなのわかるわけ無い」と言ってしまったら、絶対にわかりません。

絶対にわかるんだから、感じ取るように意識を持って行くとすぐにわかるようになりますよ。








<<エレガントなハンドル操作 その2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ燃費向上、パワーアップ、ノイズ減少>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング