自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 市街地でエレガントな車線変更

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


  車線変更が苦手で...と言う話はよく聞きますよね。

それは、前後の車のタイミングだけでなく、横の車、
さらにその前後の車のタイミングまで計らなければならないんですから、大変です。

苦手なのも当たり前です。僕だって、好きじゃありません。
そういう意味では得意な人なんでいないのかも知れないですね。

 でも、実際の路上を走っていると、車線変更は、しなければならないですよね。
だから少しでも楽にできるようにコツをいくつか教えます。

 まず、車線を変更しようとするとなりの車線がガラガラなら何の問題も無いわけですから、
ずっと車がつながっていて、切れ目が無く、
こちらの車線と同じくらいのスピードで流れている時を想定します。

こちらを参照して下さい。
img



このような場合、隣の車の後ろへ入る、と言うことを意識してみましょう。

車線変更で、隣の車線に入れてもらう場合、
グーッと加速して並走していた車の前に入ったり、
車間が広めの所が来たときにウインカーを出すと同時に急に入ったりすると
後ろの車が驚きます。

人間、驚くと腹が立つもので、その後ろの車は貴女に対し
「何だこの野郎!」と思うわけです。
そうすると嫌がらせをされたりといろいろ危険を招くかもしれませんし、
第一、他人に不快感を与えるのはエレガントじゃないですね。


運転美人になろう






<<エレガントな運転操作 3自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへエレガントな車線変更 2>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング