自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 市街地で流れに乗って走ろう3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!

前のほうで何か原因があってスピードが落ちて来た場合、
3台前の車を見ている貴女は、その車が減速しているのを見て、
いずれ自分の車も減速しなければならないことを知ります。

ですから、既にアクセルから足を離そうか...
という体勢になっているわけです。

従って心の準備ができている貴女は、余裕を持って減速できるわけですね。

もしかしたら、早くから減速の体勢に入ることで、
アクセルから足を離しただけで済んで、
ブレーキを踏む必要なく行けるかも知れないですね。

直前の車は、いやでも視界に入っていますから、心配しなくても動きはわかります。

 このように、前の前の方に意識を持っていくことで、
次に自分に起こることがわかるので、ストレス無く、
スムーズに走ることができるのです。


 占いで、明日起こることがわかっていたら、
気も楽で、上手く出来事をこなすことができるでしょう?

前の前の方を見て走るというのは、そんな感じに似ているかもしれません。




運転美人になろう






<<流れに乗って走ろう2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ流れに乗って走ろう4>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング