自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 市街地で車間距離の計り方

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


車間距離を貴女はどのように計っていますか?
教習所では、40Km/hなら40m、100Km/hなら100mなんて教わったと思いますが、
実際にはもっと狭い間隔で走っているものですし、
第一どうやって40mとかを計っていいのかわかりませんよね。


そこで、私は車間時間というものを提案したいと思います。
前の車があるポイント
(たとえば、横断歩道とか、目印にできればなんでもいいです)を通過してから
自分の車がそこを通過するまでの時間です。

これを2秒ほどにするのがいいと思います。

前の車が目印を通過した瞬間から、
「1と2と3」と数えたときに(0と1と2、でもいいですよ)
自分の車がそこを通過するように車間を保ちます。


この計り方だと、例えば40Km/hなら約22mの車間になり、
100Km/hなら56mほどの車間になるわけです。

速度が何キロでも、同じ計り方で対応できるので便利ですね。

この2秒というのはヨーロッパ辺りでいわれている標準のようですし、
私が走った実感でもこんな感じがちょうどいいと思います。

教科書の40mや100mが気になる方は、3秒から4秒の時間を取ってみて下さい。


運転美人になろう




<<流れに乗って走ろう4自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ左折する>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング