自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜運転術 市街地で右折する 3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


 右折に関して、運転美人としては重要なことがあります。

それは、右折車に進路を譲ってあげること。

エレガントな運転には、自分が速く行くことだけでなく、
全体の流れを考えた行動が必要になりますよね。


 右折レーンのない比較的狭い対向2車線の道路。
交差点に差し掛かると右折車が待っています。
後ろには右折待ちを先頭に長い車の列ができてしまっています。

自分の後ろにも車が連なっていてこのままではあの右折待ちの車は行けそうにありません。

そんなときは、スピードを落として、
パッシングライトを点滅させ、
右折車を行かせてあげましょう。

これで、また道はスムーズに流れ始めます。


 また、右折レーンがあったり、
後ろに並んでいる車も2〜3台、自分の後ろにも車がいない、

なんて場合は逆にさっと通過してしまった方が右折持ちも早く曲がれますし、
流れも良くなるでしょう。


 反対車線がつまっていたって関係ないんじゃないの?って声も聞こえてきそうです。

交通は複雑なものです。

一見関係なさそうな反対車線の交通の滞りがこちらの車線にも影響するんです。

 第一、そうやって譲ってあげようと言う人が増えたら、
いつか自分も譲ってもらえて、気持ちよく運転できるじゃないですか。


運転美人になろう




<<右折する 2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ免許写真をキレイに撮られるコツ>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング