自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜エレガント免許写真をキレイに撮られるコツ

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


免許の書き換えの時期が来たあなた、
「免許の写真って写りが悪いのよねぇ」なんて嘆いていませんか?

免許試験場の写真担当の人の「写っていればいいでしょ」と言わんばかりの
態度にもちょっと腹が立ちますが、起こっていても仕方が無いので、
できるだけきれいに写る方法をご紹介します。



 まず、試験場の写真撮影システムは、スピード写真のシステムと基本は一緒です。

スピード写真は、前方の高めの位置からフラッシュで照らすため、
頬からアゴにかけて暗い影ができてしまうことがあります。
そのため表情が落ち込んでいるように見えて、暗い表情に見えてしまうことがあるんですね。

これを防ぐためには、白いハンカチを用意して行きます。

それを膝の上に乗せる、

できれば、顔の下の持ってきて、写すと
顔の影が消えて、明るいはっきりした表情に写ります。


さらなるコツは、その2で!





<<右折する 3自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ免許写真をキレイに撮られるコツ  2>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング