自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜駐車のコツ駐車するときの姿勢 2

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



 お勧めしない第一の理由は、片手でハンドルを操作することになるということ。

今の、特に日本車のハンドルは大変軽く(軽すぎると思うんですが...)
片手で操作するのに、それほど苦があるわけではないのですが、
かなりグルグルと回さなければならない駐車のときは
ちょっと難しいことになりますね。

 特に、あなたがヨーロッパ車に乗っている場合、
日本車よりもハンドルが重めですよね。
片手で、ぐるぐる回すというのが、ちょっとつらいこともあるかも知れません。

 手のひらでハンドルを押さえて、グルグル回すのを男性がやっているのを
時々見ますが、あれは操作が乱暴になるのと、見た目がエレガントでないので
お勧めできません。

 バックするときには、直接目で見ることも大事です。
振り返って、後ろを見たら、左右のドアミラー、バックミラーも活用しましょう。

特にドアミラーは、直接目では見えない、クルマのサイドの様子を見ることが出来ます。
最近のクルマは、大抵リモコンでミラーを動かせるようになっているので
駐車するときには、ちょっと下向きに動かして、後輪のあたりが映るようにしておくと、(特に左側)
とても感覚がつかみやすくなります。


運転美人になろう






<<駐車するときの姿勢自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ駐車するときの姿勢 3>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング