自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜高速道路の運転術高速道路で行こう!  8

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



 さて、前回は、一般道から料金所を通り
加速車線から高速道路に合流しました。

一番のキモはやはり合流だったのですが、
ポイントは、思いっきり一気に加速する、
ということ、わかっていただけましたか?


 そして、あなたは本線を走り始めました。

とりあえず、前のクルマとの車間距離をとりながら
同じペースで走っています。


 この時の、車間距離の取り方なんですが、
「車間時間2秒」で計ります。
こちらを参考に ↓
車間距離の取り方

前のクルマがとあるポイントを通過した瞬間から
自分のクルマがそのポイントを通過するまでの時間が
2秒、ということです。


 高速道路を走る時、視線の置き方がポイントになります。
一般道でも、視線の置き方が運転のエレガントさの違いを生む
ということはこれまた、以前にもお話ししたことですが
高速道路では、一般道とはちょっと違った、ポイントがあります。
そして、より視線が重要になります。

 その視線とは、「遠景の視線」です。








<<高速道路で行こう!  7自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ高速道路で行こう!  9>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング