自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜高速道路 雨の走行高速道路で行こう  雨の日3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



 最初に、認識しておいてほしいのは、「雨の路面は滑りやすい」
ということなのです。

 滑りやすい、という話はもう耳にタコができるくらいいろんなところで聞きますよね。

でも、どれくらい滑りやすいのか?
どんなときに滑るのか?
滑ったらどうしたらいいのか?

 今ひとつ実感として掴めないのではないでしょうか?

=============================================

 実際に、私が高速道路を走っていて、
「あ、そんなことしたら、スピンする...!」と思った瞬間
目の前で、くるっと回った人がいますし、
実際に、雨の路面に足を取られたであろう事故は、
よく目にします。

 そういうドライバーは、大抵、男性ですが、
彼らは多分、晴れのときは大丈夫だった操作を、そのままやっただけだと思うんです。

 最近のタイヤはよく出来ていますから、雨で路面が濡れても晴れのときと
あまり変わった感じがしません。
なので、そのままの操作をしてしまうのでしょうね。









<<高速道路で行こう  雨の日2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ高速道路で行こう  雨の日4>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング