自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜高速道路 夜間走行高速道路で行こう  夜の高速7

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


 フォグランプは、文字通り霧が出ているときに使います。
霧が出ているときに低い位置から前方を照らすことで、
前を確認しやすくするためと
相手からも見られやすくなるためです。

 そして、ドライビングランプとは、
山道などで道路照明などもなく、
明かりが不足するときに、視界を確保するために使うものなのです。

 バックフォグとは、霧の濃いときに、後ろのドライバーに対して
自社の存在を知らせるためのものです。

特殊な状況のために作られているライトなため、
不必要な状況で使うと、周りに大変迷惑になります。

フォグライト、ドライビングライトは上の方にも光が拡散するため
前のクルマ、対向車がまぶしくなります。

 バックフォグは特に危険です。
後ろにブレーキライトのような明るい赤いライトが点くので
ブレーキライトと区別がつきにくく、ブレーキライトが確認が
しにくくなるので、追突の危険があります。

 ライトも正しく使う必要がありますね。



運転美人になろう





<<高速道路で行こう  夜の高速6自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ高速道路で行こう  降りるとき1>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング