自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜市街地走行街中を走ろう 右折4

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!




  右折した先、やはり気をつけなければならないのが
横断歩道です。

横断歩道を渡っている、これから渡ろうとしている歩行者、自転車を
見逃さないように。
見つけたら、やはり、左折時と同じです。止まって先に通してあげましょう。

==========================================

右折の時、進路を譲ってくれる直進車がいます。
大変いいことで、あなたにも是非やっていただきたいことなんですが、
どんなときに譲って、どんなときに進行すべきなのかは次回以降に
お話しします。

 で、このときに気をつけなければいけないのが、やはり、横断歩道。
譲ってくれたクルマに対し、「ありがとう」と手を挙げて合図をするのはいいのですが
そっちに気をとられて、横断歩道をよく見ないで突っ込んでしまう事故がよくあります。

譲った人に遠慮するからでしょう、急いで右折を済まそうとして、
いつもよりアクセルをふかしてしまう人も多いようです。

相手は譲ってくれたのですから、ゆっくりと慎重に、右折しましょう。

よくある、止まったクルマの脇から飛び出してきたバイクと衝突
と言う事故も、これで遭いにくくなります。

止まったクルマの脇から飛び出すバイクもどうかとは思いますが
ぶつかってしまっては元も子もありませんから、気をつけましょうね。




運転美人になろう






<<街中を走ろう 右折3自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ街中を走ろう 右折 番外1>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング