自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜市街地走行狭ーい道では 3

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


 狭い道の交差点、
住宅街などの狭い道の交差点は、信号などは無く、
見通しが悪いことが多いですよね。

これもとっても走りにくい、と思うのですが、いかがでしょう?


こういった住宅街などの交差点は、実際にめったに他のクルマに
出会うことが無く、
たまに、出会ってしまうとどうしたらいいのか、ちょっととまどうぐらいではないでしょうか?

=============================================

こういった交差点に差し掛かったとき、
自分の方に「止まれ」の標識があった場合、
もちろん止まらなければなりません。

 だって、交差する道からは、クルマに限らず、何が飛び出してくるかわかりませんから。

こういった交差点では、一時停止の停止線で止めても、交差する道の様子は
見えないことが多いですよね。

 そこで、道の左右がのぞけるところまで一気にクルマを出して、止める人がいます。
これはとりあえずやめた方がいいです。

運転席から左右が覗けると言うことは、クルマのノーズが道に飛び出しています。
もしあなたが、交差する道を走っているドライバーだったら、どう感じるでしょう?

=============================================

 横道から、ビュッとクルマが飛び出してきたら、とりあえずびっくりしますよね。
びっくりするだけじゃなく、急ブレーキを踏みますよね。
だって、いきなり出てきたクルマは、一時停止を無視したように見えますから。

 こういうことが、意外な事故につながるんです。

なので、他のクルマや、歩行者、自転車などを驚かせないためにも、
一度停止線で止まってから、じりじりと前に出て交差する道を確認してください。
この2段階停止、結構大事です。


運転美人になろう

<<狭ーい道では 2自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへ狭ーい道では 4>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング