自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜日記先生やってきました

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

303a838f.jpg 昨日、日本工学院専門学校、というところで、特別講師というものをやってきました。
 この学校は、メディア、音楽産業などの人材の育成をしている老舗です。

 昨日は、「ラジオの現状と将来」ということで90分の講義をするということだったのですが、何をどれぐらい話したら90分になるのか見当がつかず、ほとんど何の準備もないまま、行くことになってしまいました。

 教室には60名ほどの学生が集まってくれていて、みんな熱心に聞いてくれました。本当にまとまりのない、参考になったのかならないのかわからない話しか出来ませんでしたが、無事?90分を終えることが出来ました。彼らの将来に何か役に立つ何かが残せていればうれしいです。
 帰りにいただいた、学生たちのアンケートはどれも面白かった、参考になったと好意的で、一安心、でした。
 次はもっとまとまった話ができるように頑張ります!(って、またやるつもりかよ!)

 いやいや、冷や汗たらたらの経験でした。

<<おめでとうございます!自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜のトップへおめでとう!村上君>>

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング