自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!

 このビデオを見てください。

F1チャンピオン、フェラーリのドライバーだったミハエル・シューマッハがマセラティのクルマを
テストドライブしています。

注目して欲しいのは、ドライビングポジション。




どうでしょうか?

「フェラーリよりいいんじゃないか?」とか言ってますが、
そんなこと言っていいんでしょうか?

いやいや、そんなことはどうでもよくて、
見て欲しいところは、

サーキットを全開走行しても、肩がシートバックから離れません。
上半身が、微動だにしていないことに気がついたでしょうか?

その状態で、ステアリングを180度まわしても、まだ肘に余裕があります。

あなたのドライビングポジション、あなたの彼氏や旦那さん、
その他身近な人のポジションと比べてみてください。

かなり近くありませんか?

でも、これが正しいポジションです。


サーキットを走る特別な物ではありません。

クルマを正確に操作するのに、必要なポジションです。
街を走っていても同じです。


是非参考にしてください。

運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

「全く女の運転は」とか、
「うーん、キミには無理だと思うよ」

なんて、一般的に女性の運転は下手なものだと決めてかかっている
男性は多いものですよね。
 だいたいそう言っている男性自身の運転は?

私が、車で走っているとき周囲の人の運転を見ていて、はっきり言って
どうかと思う運転を見かけると、それは大抵男性です。

女性の運転は、たいていは丁寧で無理をしないので動きの予想がたてやすく
危ない思いをしないものです。

 男性の「どうかと思う運転」と言うのは乱暴な運転のことだけを言っているのではなく、
リズムの違う独りよがりの運転で次の動きがわからない
そんな運転のことも入っています。

 じゃあ、なぜ女性の運転は下手とされてしまうのでしょうか?

一つには男性の願望。

車の運転ぐらい女性よりも上手いと思っていたい。

よくスポーツカーに乗っている男性が、
「この車は運転が難しいから...女の子には無理だと思うよ」
なんて言うのを聞いたことありませんか?

あれ、うそですから。
あなたにも運転することぐらいなら簡単です。
フェラーリやポルシェだって、問題ありません。
「クラッチが弱いから。。。」
なんて男は言いますよね。
昔のポルシェなどはクラッチが弱かったのは確かです。

でも、それもレーシングスピードのような領域で走ったときに
下手をすると焼き付かせてしまうとか、
ずっと半クラッチで引きずって走ると言う異常なことをしたときと言った話で、
街中を流れに乗って走る程度なら何の問題もありません。
難しいのは、その車の性能の限界を引き出して走ることで、
そんなことはおそらく当の男性にもできないでしょう。

 もう一つの理由は、女性は平均的に速度が控えめなこと、
アクションを起すときに時間がかかること、
などがあると思います。
この辺りには、女性の筋力的な理由や空間認識力の問題があるようですが、
今の車は操作も軽くなっていますし、工夫で何とかなりそうです。
ともかく、そういうところを見て、男性は「女はトロイから」なんて言うわけですね。
男はそう思っていたいんです。

 でも、確かに周りからちょっとずつテンポが遅いと周りの車も走りにくいですし、
運転しているあなたも怖い思いをしますね。
これについては、その特性をわかって運転することで、
対処が可能です。
その方法については、もちろんご説明していきます。

 かっこ良く、安全に運転したいですよね。
教習所では教えてくれなかった実際の路上での安全運転のコツ、
速くかつ美しいエレガントな運転をあなたにしていただく、そのお手伝いができれば、幸せに思います。



1. 走り出す前に知っておきたいこと。

 トリセツを読もう。
 
 トリセツ、取扱説明書のことですね。
家電製品や、携帯電話、パソコン、
その他機械を買うと必ず付いてくるものですよね。

その機械の使い方や、使用する上での注意などが書いてあります。

 さて、車にもトリセツが付いていることはもちろん知っていますよね?
でも開いたこと無いんじゃないでしょうか?

車の操作系などはよく考えられていて、どの車でも大体同じになっていますから、
ポンと乗っても運転はできるんですね。
読まなくたって困らない、そう思いますよね。

 それでも、一度は目を通しておいてほしいんです。
一度読んで確かめておいてほしいのは、
メーターパネルの中の警告灯の意味、
そして、ボンネットの中の冷却水のタンク、
オイルレベルゲージ、
工具の場所、
スペアタイヤの外し方、
フューズボックスの位置などです。

 後はオーディオやカーナビの使い方もできれば見ておくといいでしょう。
運転中に操作がわからなくて注意がおろそかになると危険だからです。
最近の車のハイテク操作系や、無くても困らないものの使い方はどうでもいいです。

車に何か異常が起こったときにあわてないために自分の車のことをある程度知っておく必要があります。
そのために一度、取扱説明書を読んでください。


自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

ゴールデンウイークになると、つきものなのが渋滞。

今回も、私のメルマガから抜粋です。



渋滞につきもの、
渋滞じゃなくても困るのが、眠気。



本当に危ないし、だからといって、すぐにどうすることもできなくて
本当に困りものです。

私も、高速上でちょっと渋滞すると、眠くなって困ることがよくあります。

 そんなときに、少しでも目を覚ます方法をお教えします。

よくガムをかむ、とか、歌を歌うとか言われますね。
それも確かに効果はあります。

特に、ガムは効果があると思います。

 なので、長距離ドライブの時は、ガムは用意していた方がいいです。

ある人は、「何でこんなもの食べなきゃならないんだ!」と腹が立つくらいの
まずいものを食べる。といってました。
そんなまずいものってなんだろう?


それでも、眠気がとれないときは、手のひらや、顔を冷やす
これが効果があります。

 人間の生理反応として、眠くなると、末端の血管が拡張して
手や顔が温かくなります。
赤ちゃんなど、よく眠くてぐずっているときに、手を持つと
ポッカポカに暖かくなってますね。

 これは大人も同じで、生理現象なんです。

そこで、手や顔を冷やしてやるんです。
窓を開けて、冷たい風を手のひらや顔に当てる。
エアコンの設定温度を思いっきり下げて、強風にして顔に当てる。
冷やしたタオルやアイスノンのようなものを顔に当てる、手で握る。

などの方法があります。

結構眠気がとれますよ。お試しください。


メルマガへの登録は、このページの右上からどうぞ。




自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

 
 先日、ニュースをにぎわしていた、駐車違反の取り締まりの
民間委託、です。
 
 あまりにも駐車違反が多くて人手が足りない、というのは
ゆゆしき問題で、ドライバーの一人として、猛省を促したい
ところではあります。
 
 しかし、私が思うに問題は駐車違反をするドライバーに
帰結して終わる問題とは思えないのです。
 
 私は、東京都に暮らしているので東京の事情しか語れませんが
東京都は基本的にどの道路も駐車禁止です。
 
 これ、おかしな話だと思いませんか?
 
車というのは、走って、停まって、初めて役に立つものです。
どこにも停まれない、というのは車は使えないということと
等しいわけです。
 
 「駐車場に停めてください」とおっしゃるのでしょうが、
目的地から100メートルも離れていたら、まったく意味をなしません。
 
 そして、取締りです。
明らかに迷惑、もしくは危険な場所に駐車している車から
取り締まられるわけでなく、なぜここにとめてはいけないのか
わからない場所でもすぐに違反をとられたりします。
 
 「不公平になるから」と警察はおっしゃるようですが、
それでは、本当にいけない違反と、そうでもない違反の区別がつかず
違反をとられたのは、「不運」と考えるだけになってしまいます。
悪かった、と反省することもないでしょう。
 
 駐車違反が多いのと、減らないのは、ドライバーのモラルの問題ではなく
違反をしないと実際には車を使えない現状にあるのです。
 
 民間委託をして、取締りを充実させるのも結構ですが、
まずは、本当に停めては困るところと、停めても問題が少ないか
問題ないところをはっきりさせることが大前提だと思います。
 
 最大限に駐車ができる道路を出した上で、取り締まりは
徹底的に強化すべきです。
 
 どの道路も、取り締まりの対象では人手が不足するのは
あたりまえです。ぎりぎりまで絞って取締りをすれば
足りるのではないのでしょうか?
 
 車というものが生活に重要な役割を果たしている以上
車の機能が生かせなければ、都市の機能にも支障をきたします。
 
 車は、走ったら、必ず停まらなければなりません。
この大原則をもう一度認識して、規制と取り締まりの
あり方から、もう一度考えてみませんか?
 

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

 高速道路の本線への合流、
今度注意してみていて下さい。

けっこう、60Km/hぐらいで合流しようとする人が多いんです。

なので、加速車線の最後まで行ってしまっても合流できずに
止まってしまったり、
本線のクルマがよけてくれて、やっと合流できたりしています。

高速道路で危険なのは、速度差があるまま、
クルマ同士の進む方向が交差することなのです。

速度差がなければ、お互いには止まっているのと同じですから
危険は少なく、譲り合いもゆっくりと出来ます。

加速車線では、しっかりと加速
全開にして、できるだけ早く本線の速度まで持って行く

これがポイントです。


またまた、私のメルマガからでした。

バックナンバーを見てください。

Driving Beauty~運転美人になろう~

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

クリスマスが近づき、各地にきれいなイルミネーションが催されていますね。

ぷらぷらと一人で見ているのもいいものですが、
まあ、できれば隣に誰かがいた方がねぇ...

てなわけで、隣に乗ってくれるいい人がいる貴女
イルミネーション巡りのシティドライブなんていうのはいかが?


ilumishinnjuku1

新宿のサザンテラスのイルミネーションです。











ilumishinnjuku2

こちらは、高島屋のデッキ。東急ハンズの前あたりから。










どこにイルミネーションがあるのかは、こちらなど参考に

クリスマスイルミネーション情報


そのドライブのBGMの参考に

クリスマスアルバム特集

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

 ロンドンの渋滞課金が増額されることになりそうです。
もともと、ロンドン中心部の渋滞緩和を目的に、中心部へ入るクルマから5ポンド徴収していたものです。
そこそこ効果はあったようで、エリアを2倍に拡大する計画もあったようです。

 値上げには、いろいろな理由がありそうですが、とりあえず結構反対の声が上がっているようです。市としては、税収増が見込めるということがあるようなんですが。

 この制度、東京でも導入しようという話はあるようです。そのとき、ETCを利用するつもりらしいですが、まあETCの普及率自体がねぇ...

 もし、実行したとしても、東京では効果が薄いんじゃないでしょうかね。
ロンドンの中心部と言っても、広さは皇居ぐらいらしいですし、
東京がやらなければならない広さはあまりにも広すぎるんじゃないでしょうか。

 それよりも、根本的な解決策、つまり何でもかんでも東京に流入する状態を
解決する以外には無いんじゃないかな?

それって、遷都?だれか、根本的な渋滞解決の方法を研究している人や
団体を知ってますか?
どんな方法が考えられているのか、ぜひ知りたいと思いました。

 ロンドンの渋滞課金の話から、つらつらとそんなことを考えていました。

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

5d3bea0b.jpg先週の、金土日と三日間、幕張にてイベントの仕事をしてきました。
いつもとはちょっと違う時間帯、あさの8時から、夕方5時から6時ぐらい
という時間帯での仕事でしたが、いつもの仕事もその間に入ってくるので
寝る時間が削られ、その意味ではつらかったのですが、
なかなか面白い経験でした。

 そんなわけで、普段あまりみることのない朝7時の湾岸です。
遠くに幕張のマリンタワーが霞んで見えます。

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

またまた、ネット上をさまよっていて見つけたブログにこんなのがあった。
SHINOblog

ここにあったコメントに、


>とりあえず私自身の運転でも他人の運転でも、常に意識してるのは
>・シフト変更やブレーキを踏んで止まる瞬間にガクッとならない
>・曲がるときは軌跡がなめらかな曲線になる
>・高速での車線変更は同乗者が気づかないくらいスムーズ
>・車庫入れはゆっくり確実に、車止めにタイヤが当たる直前で止める
>って感じかなあ。


>ドライビングポジションは、免許取り立ての頃は、思いっきり前にしてたけど、少し慣れたらハンドルの一番上を持ったときに、腕がのびる位置にしていました。
でも、最近は少し余裕があるくらい、真横を持ったときに肘が直角に曲がるくらいの位置にしています。
レーシングドライバーとか見てると、おばちゃんスタイル?でハンドルにしがみついてる(ついてないついてない)のが多いですよね。


>以上は本当に基本的なスタイルであって、どこに注意を払っているか、目線は正しいか、あるいはとっさの時に正確な判断ができるか、そういったことには自信を持って「バッチリだよ」とは言い切れないんですよね・・・。


この人は、レガシィを愛車にしているようなのですが、すばらしい。よくわかっていらっしゃる。ここまで「うまい運転」について考え、実践していても、もっと上手くなれるはず、と考えて求めている。この姿勢こそ、「運転美人」です。

 ドライビングポジションについても自分で考えながら、ほぼ正解に到達しているようです。
 ドライビングポジションの作り方については、次回発行の私のメルマガに書いています。よろしかったらどうぞ。(宣伝です。すみません。)

 しのぶさん、私も見習って精進します。

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

メールマガジンを発行することにしました。
内容は、運転美人になる運転術、です。
毎週1回、運転美人について情報、テクニック、
その他小ネタなど、書いて行きます。

 もっと運転がうまくなりたい、と思っているあなた、
ぼくと一緒に、エレガントな運転術について考えてみませんか?

 質問などもどんどんください。
参考にして紙面を作って行きます。
重要な質問には、もちろんメルマガ上やホームページ上で
お答えします。

 無料ですので、右の申し込みフォームからどうぞ。

メインサイトの方にサンプルも用意してあります。
そちらを覗いて行って下さってもいいかと思います。

メルマガサンプル
Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング