自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



 日本の高速道路は100Km/hが制限速度ということになっていますが
実際には、流れはもっと速く、120Km/hぐらいで流れていることが多いのです。

 以前にも書いたことがありますが、制限速度にこだわっていると、怖い思いをしますので
思い切って、流れと同じ速度に上げて下さい。

 最初に、スピードは慣れだ、と言いました。

速度を上げたときはちょっと怖いと思うかも知れませんが、
10分も走れば、慣れて、怖さは無くなってきます。

いつもそのスピードで走れば、全く恐怖心は無くなります。
高速が怖い、と思っているあなた、
ぜひ、思い切ってスピードを上げる、
周りのクルマにスピードを合わせてみて下さい。






自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


加速するのは、もう一つ理由があります。

追い越しは、さっさと済ませた方がいいからです。

 追い越しの行為の中で一番危険なのは、隣のクルマと並走している時間です。
実際の高速で見ていると、100Km/hのクルマを105Km/hで追い越そうとするクルマが
けっこう多いのですが、速度差が小さいと、並走する時間がけっこう長くなり
危険な時間が増えます。

 ここは、思い切って120km/hぐらいまでスピードを上げて、さっさと追い越してしまいましょう。

そして、走行車線に戻り、元のスピードにもどす、ということです。

わかりやすいように、100Km/hを使いましたが、あなたが90Km/hで走っているときに
80Km/hで走っているトラックに出会ったら、
追い越し車線に車線変更すると同時に、100Km/h以上まで加速して追い越して下さい。
ということです。






自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!




次は、追い越し車線が、わりと空いていた場合です。

そんなに一所懸命に隙間を探さなくても、けっこう空いています。

 あなたは、前のトラックとちょっと車間距離を空け、右にウインカーを出します。
追い越し車線の真横、そして、後ろから迫ってくるクルマがいないことを確認したら、
少しアクセルを踏み足して、「加速しながら」右の車線に移ります。

 何故加速するのでしょう?

三角定規を思い出して下さい。
30度の角を挟んで、底辺と斜辺は、ちょっと斜辺の方が長いですよね。
ちょっと長い距離を同じ速度で進んだら、ちょっとだけ時間がかかってしまいます。

ということは、実質、スピードダウンしたことになりますね。

なので、その分をちょっとだけ足してやるんです。







自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!




さて、目の前の遅いトラックは、追い越しました。
元の走行車線には、トラックの前には、もうクルマはいません。

 ドアミラー、バックミラーを見て、トラックが映るぐらいになったら、
左にウインカーを出して、走行車線に戻ります。


 ここで、走行車線に戻らない人がけっこういるのですが、
必ず、戻って下さい。

 戻らない人が多いので、走行車線に一台も走っていなくて、
追い越し車線は、ずらっと連なって走っている、
というシーンをよく目にします。

 言うまでもなく、おかしなことですね。

後ろから、もっと急いでいる人が来ても、先へ行くことが出来ません。
非常に、効率の悪い道路の使い方です。

 運転美人は、こういう他人に迷惑がかかるようなことは、しないですよね。






自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



では、最初に、ちょっと難しそうに見える、切れ目なく走ってくる場合を考えてみましょう。

この場合、基本的に、以前解説した車線変更のやり方が使えます。
↓こちらを参照して下さい。
エレガントな車線変更

 
このように、狙ったクルマの後ろに入る、という感じで車線変更するのが正解ですが
向こうは追い越し車線で、ちょっと流れが速いはず。

なので
まず、自分の前のクルマとちょっと多めに車間距離をとります。

そして、ドアミラーとバックミラーを駆使して、少し多めに車間距離を空けているクルマ、
もしくは、クルマが切れているところを探します。

その切れ目の前のクルマが来たら、そのクルマと並ぶように、加速します。
右にウインカーを出します。

そして、そのクルマの後ろに付くように、入ります。

これで、追い越し車線への車線変更は終了です。

そのまま、流れに乗って、トラックを追い越します。









自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!




  今回は、追い越しです。

「スピード出さないから、関係ないわ」なんて言っている人
誰ですか?

少しなれてくれば、ちゃんと周りと同じスピードで走れるようになります。
スピードというのは、慣れの要素が大変大きいんです。

そして、実際に高速を走っていると、極端にスピードの遅い、トラックなどに
出会うことがあります。
普通に100Km/hで走っていれば、追い越さなければなりません。


 ============================

さて、目の前に、大きなトラックが走っていますが、
少々遅いようです。あなたは、追い越すことにしました。


実際に追い越す時、まず注意するのは?

そうですね、追い越し車線の流れです。

 いま、次から次へと切れ目なく走っていますか?

それとも、追い越し車線にはあまりクルマがいなくて
間隔が空いていますか?







Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング