自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!



 ここで、この追突されたドライバーは、もう一つブレーキのあとにウインカーを出す
というミスも重ねて犯しています。

曲がるときは、ウインカーを先に。そうしないと曲がるためのブレーキも
「意味のわからない」ものになってしまいますね。

同じように、なんのために踏んだのかわからないブレーキは踏まない。
ここも気をつけたいですね。

 ときどき、アクセルをぐーんと踏んで加速して、速くなりすぎるとちょっとブレーキを踏んで
減速して調整する。またスピードが落ちるとアクセル。ブレーキで調節。
という運転をする人がいます。

以前にも説明したとおり、スムーズでない運転は、全くエレガントでないばかりか
同乗者も不快で、安全上も問題がありますね。

速度は、スムーズなアクセルで調整します。




運転美人になろう







自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!





  街中での運転で、遭いやすいアクシデントの一つに、追突があります。

たくさんのクルマが、連なって走ることの多い街中ですから、その危険は
確かに高いですよね。

 ただ、なぜか追突には遭いやすい人と、遭わない人がいるものです。

この違いはなんでしょうか?


===============================================

 一言で言うと、ブレーキの使い方。

これに尽きます。

では、どんな使い方をすると追突をされにくいのでしょう?


ここから、一つ一つ解説して行きます。

=========================================

  まず一番大切なことは、意味のわからないブレーキを踏まないこと。

意味のわからないブレーキとは、後ろのクルマから見て、なぜ今ブレーキを踏んだのかが
伝わらないブレーキのこと。

 後ろのクルマは、あなたの車のさらに前の交通や道路の状況も見ながら走っているものです。
進行方向にとりあえず信号もない、カーブもない、何か障害物も見あたらない、
なのに、あなたがブレーキを踏んだ。

 後ろのクルマは、ブレーキランプが点灯すれば、「なにかあったのか?」と警戒します。
自分もブレーキを踏もうと準備するわけです。

 しかし、何もなかったら「なんだったんだろう?」と思いますよね。
そしたら、またブレーキランプがついた。でもまた何もない。
「なんだ?」と思いますよね。

こんなことが、3回も続けば、後ろのドライバーはあなたの車のブレーキランプを
全く信用しなくなります。
 つまり、ブレーキランプがついても、「またどうせ何もない」と思ってしまうのです。

 でも、4回目は、角を曲がろうとして、ブレーキを踏んだとしましょう。
今度は本当に、減速します。
ブレーキランプを信用していない後ろのドライバーは、減速にきづくのが遅れます。
 そうして、「追突」となるのです。






運転美人になろう






自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!




 さて、十字路の全部の道が一時停止、もしくは何もない場合、
基本的には、自分の左側からクルマが出てきたら、そちらのクルマが優先です。

これは、教習所の教科書にも書いてあることです。
一応、優先順位としてはそうなっています。

でも、ここであなたに実践してもらいたいのは、相手に譲るということです。

左から来た方が優先といっても、意外と憶えている人は少ないこと。
自分が先に行こうとする人は、たいていこちらを見ていない、ということ。

左側が優先と思っていても、相手は「交差点に差し掛かったのはこっちが先」
と思って、先に行こうとするかもしれません。

 基本的に、譲ってあげようとすることで、こういったドライバーから
身を守ることができます。

 第一、一台ぐらい道を譲っても、10秒と時間は変わりません。

いろいろなリスクを回避できた代償としては、かなりお得だと思いませんか?






運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


 さてさて、自分の方には一時停止がない場合、
もちろん直進してかまわないのですが、やはり何が飛び出してくるかわかりませんよね。

 ですから、「確かに、何もいないよね」と、スピードを落としながら
いちいち確認するようにしてください。

 私の家の周りでもそうですが、見通しのきかない、こういった交差点で
もちろん片方が一時停止なのにもかかわらず、
出会い頭で、事故を起こしているのを見かけます。

意外と珍しいことではないので、十分注意してくださいね。




運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!


 狭い道の交差点、
住宅街などの狭い道の交差点は、信号などは無く、
見通しが悪いことが多いですよね。

これもとっても走りにくい、と思うのですが、いかがでしょう?


こういった住宅街などの交差点は、実際にめったに他のクルマに
出会うことが無く、
たまに、出会ってしまうとどうしたらいいのか、ちょっととまどうぐらいではないでしょうか?

=============================================

こういった交差点に差し掛かったとき、
自分の方に「止まれ」の標識があった場合、
もちろん止まらなければなりません。

 だって、交差する道からは、クルマに限らず、何が飛び出してくるかわかりませんから。

こういった交差点では、一時停止の停止線で止めても、交差する道の様子は
見えないことが多いですよね。

 そこで、道の左右がのぞけるところまで一気にクルマを出して、止める人がいます。
これはとりあえずやめた方がいいです。

運転席から左右が覗けると言うことは、クルマのノーズが道に飛び出しています。
もしあなたが、交差する道を走っているドライバーだったら、どう感じるでしょう?

=============================================

 横道から、ビュッとクルマが飛び出してきたら、とりあえずびっくりしますよね。
びっくりするだけじゃなく、急ブレーキを踏みますよね。
だって、いきなり出てきたクルマは、一時停止を無視したように見えますから。

 こういうことが、意外な事故につながるんです。

なので、他のクルマや、歩行者、自転車などを驚かせないためにも、
一度停止線で止まってから、じりじりと前に出て交差する道を確認してください。
この2段階停止、結構大事です。


運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!

 さて、問題のすれ違いなのですが
すれ違いが怖い原因は、左にどこまで寄せられるのかわからない
ということと、相手の車と自分の車がすれ違える幅があるのかがわからない
ということだと思います。

一つの方法として、車幅感覚を鍛える方法があります。
これについては↓
http://www.driving-beauty.com/howto5.html#chapter1_7
を参考にしてください。

 もう一つ、落ち着いて考えれば、誰でもすぐにできる方法があります。

 
=========================================

 向こうから、対向車がやってきました。
向こうのクルマも、こちらに気づき、スッと止まりました。

すれ違えるように寄せてくれているようです。

このとき、あなたが見るべきなのは、道の幅と相手の車の幅です。

よく見比べてください。

クルマの幅と、残りの道の幅は、どちらが広いですか?
クルマよりも、残りの幅が小さかったら、ちょっとすれ違いは難しいかもしれません。

でも、たいていは残りの道幅の方が広いはずです。

クルマの幅というのは、大きいクルマから小さいクルマまで
そんなには違わないものです。
たいてい、大きくて10cm程度です。

と言うことは、クルマの幅と道を見比べて明らかに道幅が大きいなら
あなたの車は、そこを通れることになります。

========================================

さて、いざすれ違おうとすると、どこまで左に寄せられるのかが掴めなくて
立ち往生してしまう、ということがあるようです。

大丈夫です。

あなたは、いま、自分の車の通れる幅があることは確認しました。

ならば、運転席から見て、相手の車とぎりぎりのところを通ればいいのです。

つまり、どこまで寄ったのかわかりやすい、右側をぎりぎりまで寄せて
通過すればいいのです。

これで間違いなく通れたでしょ?




左いっぱいまで寄せないといけない、と考えるから
難しく感じます。

 通れる幅があることを確認してから、右側ぎりぎりを通れば
自動的に左側だってクリアしちゃうはず。

どうです?
かんたんでしょ?






運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!



 住宅街などの、狭い道。
走りにくいですよね。

対向車とすれ違えるかどうかという幅、
もし対向車が来ちゃったら、どうしよう!?

心配になりますよね。

そんなあなたに、細い道を走るポイントをお送りします。

==============================================

 住宅街などの細い道、
一番注意しなければいけないのは、
スピードですね。

細い道では、当然スピードが落ちてきます。

しかし、運転に慣れてくると、ある程度はスピードをだせるようになるんです。

問題は、これが適切なスピードかどうか、と言うことなんですね。

よく男性は、細い道でも飛ばせるのがうまいと思っているのか
結構なスピードで飛ばしていることがあります。

でも住宅街の路地ですから、何が出てくるかわかりません。

角ごとに、家の門ごとに、そこから人や自転車が飛び出してきたら
避けられるだろうか?と常に問いかけてください。

もし、避けられそうにないな、と思ったら、スピードを落とします。

 住宅街などの、そのような道路の制限速度は、30Km/hとされていることが
多いと思いますが、私はそれでも速いと感じることがあります。

日本の制限速度は、メリハリに乏しいので、もっと広い道も
狭い道も、同じに30Km/hだったりします。

なので、標識の制限速度は目安にしないこと。



運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!!


 もう一つ、基本的に譲らなくて良い場合、それは

右折車線がある交差点です。

右折車線があれば、基本的に直進車の交通は妨げられません。
流れが止まってしまうことがないわけです。

この場合も、あなたがわざわざ止まって、こちら側の交通を止めてまで
ゆずるメリットはないわけです。

================================

 右折待ちのクルマに、ゆずるべき時、
通過してしまうべき時、

いろいろありますね。

考えるのは、全体の交通にとってどうなのか?
あいては、何を考えているだろうか?

ということなのです。





運転美人になろう




自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜

運転美人になろうへようこそ!!


 しかし、このときも、そのまま通過してしまった方がいい場合があります。

それは、あなたの後ろにクルマがいないときです。

あなたの後ろにつづくクルマがいないなら、おそらくその右折待ちのクルマは
あなたが通り過ぎたら、行こう、と思っているはずです。

通り過ぎたら、と思っているクルマが、スーッと止まったら、
「あ、止まった。譲ってくれたんだ!ありがとう!」と判断して
右折を始めるのに、時間がかかります。

 あなたを最後に、クルマがとぎれるのなら、最初からそのタイミングを
ねらっているのですから、通り過ぎたらすぐに右折を開始することができますね。

  総合的に考えれば、通過してしまった方が、スムーズに流れます。



運転美人になろう

自動車趣味から初心者まで、女性のための運転術〜運転美人になろう〜


運転美人になろうへようこそ!


 まず、あなたが走っている道路が、対向2車線で、
右折待ちのクルマのために、反対車線にクルマが列をなしてしまっている場合。

 こんなとき、譲ってあげましょう。

反対側の交通が右折車のために止まってしまっている、ということは
全体の流れに滞りができてしまっている、と言うことです。

自分がちょっと止まることで、それが解消できるのなら、
全体から見れば、ロスが少なくなることになります。



運転美人になろう

Profile
子供の頃から車が大好きでした。
いつもうまい運転について
考えていました。
ずっと、もっと速く走らせることを
考えていました。
あるとき、
レースでは正しいかも知れない、
この「うまい運転」の概念が
一般道では違うんじゃないか
と思いました。
 一般道は、戦いの場ではなく、
社交の場。
そう考えた時、
自分の運転が変わりました。
とても楽に走れるようになりました。
 社交の場で生きる
エレガントなマナー。
それは、
必要以上に規則通り走ることでもない。
必要以上に速く走ることでもない。
周りと自分の関係を常に見つめながら、
コミュニケーションをとって走ること。
その方法について、
いつも考えています。
ランキング